PHYZ アイアン 2019年モデル 発売日

ブリヂストンのやさしいぶっ飛び系アイアンPHYZが発売されます。
発売日は、3月8日です。

ブリヂストン ゴルフ 2019 ファイズ アイアン 5本セット[#7-10、PW]

今回のPHYZアイアンは、ロフト角が7番で26度となっています。ヤマハインプレスUD+2アイアンと同じ超ストロングロフトです。ゼクシオクロスが25度なので、この辺りのロフト角ではもう驚かなくなりましたね。

超薄肉フェースで高い反発性能を有しており、速いボール初速を実現。

グースネックで球も捕まえやすくなっていますので、軽いクラブでやさしくつかまって飛んでくれるアイアンをお探しの方におすすめです。

ブリヂストン X-CBPアイアン 2019年モデル

ブリヂストンのツアーB X-CBPアイアンの2019年モデルが発売開始となりました。

ツアーB X-CBPアイアンの詳細はこちら

ブリヂストンのポケットキャビティツアーモデルアイアンです。
ロフト角は7番アイアンで31度。ポケットキャビティ構造になっており、反発力が高く高弾道で飛ぶアイアンです。

トゥヒールを重くすることで慣性モーメントも高くストレートに打ちやすいクラブでもあります。

SRIXONのZ585アイアンとこのX-CBPアイアン、どちらにしようか悩む方も多くなりそうですね。

JGR HF2 アイアン 口コミ・評価

ブリヂストンのJGR HF2アイアン。
7番アイアンでロフト角が31度というモデルです。

JGR HF2 アイアンの詳細はこちら

今や、7番でロフト角が31度というアイアンは一般的になりつつあります。

このJGR HF2は、私の中ではかなり優れたアイアンだと感じています。
同じロフト角31度のアイアンの中では飛ぶし高く上がります。
打感もそれなりに良いです。

PWのロフトが44度なので、その下に48度52度58度と3本のウェッジを入れるといい感じになるのではないでしょうか。

実際に使用している方々からの口コミも高評価です。
⇒ JGR HF2 使用者の口コミ・評価はこちら

ぶっ飛び系アイアンを使うならウエッジも考えなきゃ

ロフト角が7番で26度くらいのぶっ飛び系の超ストロングロフトアイアンが続々と発売されています。売れるので各社作っています。タイトリストまでVG3TYPE-Dということで出しますからね。

こういったアイアンを購入する際に気を付けなければいけないのは、短い距離を打つためのウエッジ。

一般的に、6番~9番、PWという5本セットで販売されていることが多いです。

タイトリスト 2018年モデル NEW VG3 TYPE-D アイアンセット 5本セット(#6〜#9,PW) [NS プロ モーダス シリーズ] NSPRO MODUS3 TOUR120/システム125/TOUR130/TOUR105 スチールシャフト TITLEISTブイジースリーVG3 タイプD

VG-3 TYPE-DのPWロフト角が38度。

一般的なサンドウェッジのロフト角は58度前後。
となるとPWとSWの間が20度も空いてしまいます。番手としては、5番手の違い。単純計算で50ヤードも空いてしまいます。
この50ヤードをAW一本では対応することは難しいでしょう。
となると、ウエッジをあと2~3本追加しなければいけません。

それなら、単品で同モデルのウェッジ系で揃えるのもひとつですね。
アイアンの流れが崩れない利点があります。

タイトリストVG3 TYPE-D 単品売り

宮里藍モデル限定アイアン ブリヂストン

宮里藍選手モデルのアイアンが数量限定で販売されています。


宮里藍モデルアイアンの詳細はこちら

ソールには「A☆I」のマークが刻印。
シャフトも宮里選手が使っていたものと同じモデルです。

引退を記念した限定モデルで
ゴルフダイジェストオンラインでは
発売してすぐに品切れになっていました。
今回再入荷となっていますが、
やはり早くに売り切れになる可能性があります。

ぶっ飛び系ではない飛び系アイアンが使いやすい!

アイアンのロフト角というのは、本当に様々。
私が知っているもので最も立っているのが25度。一番寝ているのが35度です。
10度の違いというのは2~3番手の違いです。

どれを選べばいいですか?と聞かれることが多いのですが、
これはご自身の好みやプレースタイル、これから目指すゴルフによって変わってくるのではないでしょうか。

個人的には、ちょうど真ん中あたりのロフト角30度くらいが最もバランスがいいのではないかと思います。

若くてドライバーのヘッドスピードが50m/sくらいあるような方でしたら、34度35度のものが良いかと思いますが、一般的なヘッドスピード40~43m/sくらいなら30度くらいあった方が、そこそこ飛距離が出てくれますし、コントロールもしやすいと思います。

例えば、このあたりのアイアンですね。

2017新製品ブリヂストン日本正規品TOUR BJGR HF2フォージドアイアンJGRオリジナルTG1−IRカーボンシャフト6本セット(#5〜9、PW)【あす楽対応】


タイトリスト718AP3アイアンの詳細はこちら


DUNLOP(ダンロップ) XXIO X ゼクシオ10 アイアン (8本セット 5~PW+AW+SW) MP1000 カーボンシャフト メンズゴルフクラブ 右利き用 (FLEX-SR)

ブリヂストン JGRアイアン HF2 評価

ブリヂストンのJGRアイアンをご紹介します。

2017年に発売されたJGRアイアンは、HF1とHF2がラインナップ。

HF1は、ロフト角が7番アイアンで26度という超ストロングロフト。
HF2は、同じく7番アイアンでは31度という少しストロング、最近では一般的と言ってもいいかもしれないロフト角です。

今回はHF2についてご紹介します。

JGRアイアン HF2 の詳細はこちら
HF2は、非常にバランスの良いアイアンで、
アベレージゴルファーから少しやさしくアイアンを使いたい中上級者でも使うことが出来ます。

基本的には、ストレートに高さのある球でグリーンを狙っていきやすくなっています。
操作性という部分に関しては、良くはないですが悪くもありません。
打感もさすがブリヂストンで、この手のアイアンでも悪くないです。

ミスヒットへの許容度も高く、少々のミスでは飛距離は落ちにくいですし、曲がりも少ないです。

実際に使用している方々の口コミ・評価もいい感じです。
⇒JGRアイアンHF2 使用者の口コミ・評価はこちら

SRIXON Z565アイアンとツアーB X-CBP 飛距離性能

今、非常に評価が高いアイアンSRIXON Z565アイアンと
ブリヂストンツアーB X-CBPアイアン。

どちらもポケットキャビティ構造になっており、
プロモデルでありながら、飛んでミスに強いアイアンです。

先に発売されて評価されたのがZ565アイアン。
発売されてからじわじわ評価を上げてきて、
ロングヒットになっています。
そして、後にX-CBPが登場しました。

両者ともにポケットキャビティで構造は同じですが、
ロフトはZ565の方が1度立っています。

飛距離性能はほとんど同じですが、
私が打った感じとしては少しツアーB XCBPの方が優しい印象を受けました。
本来ですと、ロフトが立っているZ565の方が飛ぶのが当たり前なのですが、
ミスヒットへの許容度がX-CBPの方が高く、
我々アマチュアの場合はその方が飛ぶのかもしれません。
まぁ、1度の差は、あってないようなものかもしあれませんが。

ブリヂストン ツアーB X-CBPアイアンの詳細はこちら


DUNLOP(ダンロップ) SRIXON Z565 アイアン 6本セット N.S.PRO 980GH DST スチールシャフト 番手:5-9、PW フレックス:S

飛び系アイアン 実際に使用してどう?

7番アイアンでロフト角が26度という超ストロングロフトの飛び系アイアン。

ヤマハ インプレスUD+2アイアンは、発売されて随分と月日が経ちましたが、
本当に評価が高く、ずっと売れ続けています。
⇒インプレスUD+2アイアン 使用者の口コミ・評価はこちら

インプレスUD+2アイアンは、本当にプラス2番手の飛びを実現しており、
しかも単に飛ぶだけでなく、しっかりと球が上がってくれますので、
我々アマチュアがプレーするコースセッティングでは
全く問題なくグリーンを狙うことが可能です。

そして、今年の9月に入りキャロウェイのEPIC STARアイアンやPRGRのeggアイアン、JGRアイアンなど、続々と飛び系アイアンが発売されました。
EPIC STARアイアンは、3~4番手飛ぶアイアンとして話題になっています。

ただ、ここまでくると、もはやアイアンという概念ではなくなってきているかもしれません。
ユーティリティアイアンというとらえ方をした方がいいかもしれません。
というのも、思ったよりもEPIC STAR アイアンの口コミ・評価が良くないのです。
普通のアイアンと考えて使うと、思ったような球が出なかったりするようです。
アイアンをアイアン型ユーティリティにチェンジするというイメージを持って買い替えを検討した方がいいのかもしれません。

キャロウェイ EPIC STAR(エピック・スター) アイアン5本セット(I#6-9,PW) Speeder EVOLUTION for EPIC カーボンシャフト(日本正規品)

JGR アイアン HF1 試打 評価

ブリヂストンJGRアイアンの2017年モデルHF1。
ロフト角は7番アイアンで26度。最強クラスの飛び系アイアンです。

非常に厚みのあるソールで、まさにユーティリティアイアンのようなアイアンです。

実際に打ってみて驚くのは、
その弾道の高さというか、伸びて伸びて高く上がっていく弾道。
ドライバーのヘッドスピードが45m/sくらいですが、7番アイアンで170ヤードほど飛びます。
一般的なアイアンと比較して2~3番手上の飛び。最近この手のアイアンは結構出てきていますが、その弾道の高さはこのJGR HF1がNo.1だと思います。


JGR HF1 の詳細はこちら

ブリヂストン X-CBP アイアン 試打 評価

ブリヂストンのツアーB X-CBPアイアン。
ポケットキャビティ構造になっており、
やさしく球が飛んでくれるアイアンです。

構えた感じは、アスリートモデルっぽくシャープな形状。
ですが、実際に打ってみると、その形状からは意外なほど球が上がりやすいです。
他のアイアンと比較してもトップクラスの弾道の高さです。

飛距離としては、
ドライバーのヘッドスピードが45m/sくらいで
150~155ヤード。

【新品】【送料無料】【メーカー正規カスタム品】ブリヂストンゴルフ TOUR B X-CBP アイアン6本セット (#5-#9,PW)N.S.PRO MODUS3 TOUR105 シャフト装着仕様[BSG/ブリヂストン/ツアーB/XCB/X−CB][NSプロモーダス3ツアー105]

JGRアイアン 2017年モデル 発売日

ブリヂストンから新しいJGRシリーズが発売されます。
発売日は、9月の下旬の予定となっています。

すでに女子プロを中心にドライバーが非常に注目されています。
高弾道でつかまりの良い、飛ぶドライバーが完成したようです。

ブリヂストンゴルフ ツアーB NEW JGR ドライバー [スピーダーシリーズ] エボリューション4/エボリューション3/エボリューション2/エボリューション カーボンシャフト SPEEDER BRIDGESTONE TourB ニュー JGR 2017JGR

アイアンは2タイプラインナップされています。
超ストロングロフトで爆飛びのJGR HF1。7番アイアンでロフトが26度。アイアン型ユーティリティのようなクラブです。

JGR HF1 アイアン の詳細はこちら

飛距離だけでなく、打感や操作性にもこだわるJGR HF2。
7番アイアンのロフトは31度です。

ブリヂストンゴルフ ツアーB NEW JGR HF2 飛び系フォージドアイアン アイアンセット [NS PRO モーダス ツアー シリーズ] MODUS TOUR105/120/130 システム3 125 スチールシャフト 6本セット(#5〜#9,PW) TourB ニュー JGR 2017JGR

宮本勝昌 使用アイアン 2017

宮本勝昌選手の2017年使用アイアンをご紹介します。

宮本選手は、BRIDGESTONEと契約しており
アイアンは、ブリヂストン ツアーB X-CB アイアン

3番アイアンからPWまで入れています。

7番アイアンでロフトは32度。
ツアーモデルのアイアンとしては少し立ち気味と言えるでしょうか。
私自身、ツアーステージX-BLADE CBアイアンを過去に使用していましたが
それと比較するとロフトが立っているにも関わらず
球の上がりやすさに驚きました。

ツアーモデルの軟鉄鍛造キャビティでも
非常に使いやすいアイアンに進化しています。

ブリヂストン X-CB X-CBP アイアン 違いは?

ブリヂストンのツアーB X-CBアイアンとX-CBPアイアン。
見た目にそっくりな両者ですが、
どのような違いがあるのでしょうか。

ヘッドの大きさは、どちらもシャープですが、
ややCBPの方がヘッドが大きいように感じます。

ロフトは7番アイアンで両者ともに32度で同じ。。
飛距離性能は同じなのかというと、ややX-CBPアイアンの方が高めの伸びのある弾道で飛びます。

X-CBアイアンは非常に良いアイアンで高くてスピンの効いた格好いい弾道でボールが飛んでくれます。

プロモデルの格好いいアイアンが欲しいけど
やっぱりやさしさも欲しいという方はポケットキャビティのX-CBPをお勧めします。
やはりミスヒットへの許容度が違います。
⇒X-CBPアイアン 使用者の口コミ・評価はこちら

見た目の格好良さと、打感や弾道にこだわりたい方はX-CBをお勧めします。
⇒X-CBアイアン 使用者の口コミ・評価はこちら

アイアン ロフトの違いで飛距離の差は?

アイアンを選ぶ基準として必ず見ていただきたいのがロフト角。

例えば、7番アイアンのロフト。
プロが使用するマッスルバックアイアンでは34度や35度。
ツアーモデルのキャビティアイアンで32度~34度。
飛距離重視の飛び系アイアンで26度~27度。
同じ7番アイアンでもロフトが全く違います。
35度と27度では、2番手分ロフトが違います。
飛距離の差としては20ヤード以上違ってくるでしょう。

自分が求めるアイアンがどういうタイプなのか。
しっかりスピンが効いて、高い球を打ちたいならロフトは寝ている方がいいでしょう。
逆にアイアンでも飛距離を出していきたいなら、ロフトは立っている方がいいでしょう。

7番アイアンでロフトが35度はこのタイプ。

《あす楽》タイトリスト MB 716 DG−AMT アイアン (6本セット)

7番アイアンでロフトが32度はこのタイプ

ブリヂストン TOUR B ツアーB X-CBP アイアン(6本セット) N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 アイアン シャフト:N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 S

7番アイアンでロフトが26度はこのタイプ


ヤマハ インプレスUD+2の詳細はこちら