ブリヂストン X-CBPアイアン 2019年モデル

ブリヂストンのツアーB X-CBPアイアンの2019年モデルが発売開始となりました。

ツアーB X-CBPアイアンの詳細はこちら

ブリヂストンのポケットキャビティツアーモデルアイアンです。
ロフト角は7番アイアンで31度。ポケットキャビティ構造になっており、反発力が高く高弾道で飛ぶアイアンです。

トゥヒールを重くすることで慣性モーメントも高くストレートに打ちやすいクラブでもあります。

SRIXONのZ585アイアンとこのX-CBPアイアン、どちらにしようか悩む方も多くなりそうですね。

SRIXON Z585アイアン 発売日

名器SRIXON Z565 アイアンの後継モデルであるZ585アイアンが発表されました。

飛ぶし、球が上がるし、スピンは適度にかかるし、打感もいい。

男子プロや女子プロ、トップアマからアベレージゴルファーまで、すべてのゴルファーから高評価を受けたZ565アイアン。

更に進化して発売開始となります。発売日は、9月22日です。


●ダンロップ スリクソンZ585 アイアンN.S.PRO 950GH DST スチールシャフト 6本セット(#5〜9,PW)

SRIXON Z565アイアンとツアーB X-CBP 飛距離性能

今、非常に評価が高いアイアンSRIXON Z565アイアンと
ブリヂストンツアーB X-CBPアイアン。

どちらもポケットキャビティ構造になっており、
プロモデルでありながら、飛んでミスに強いアイアンです。

先に発売されて評価されたのがZ565アイアン。
発売されてからじわじわ評価を上げてきて、
ロングヒットになっています。
そして、後にX-CBPが登場しました。

両者ともにポケットキャビティで構造は同じですが、
ロフトはZ565の方が1度立っています。

飛距離性能はほとんど同じですが、
私が打った感じとしては少しツアーB XCBPの方が優しい印象を受けました。
本来ですと、ロフトが立っているZ565の方が飛ぶのが当たり前なのですが、
ミスヒットへの許容度がX-CBPの方が高く、
我々アマチュアの場合はその方が飛ぶのかもしれません。
まぁ、1度の差は、あってないようなものかもしあれませんが。

ブリヂストン ツアーB X-CBPアイアンの詳細はこちら


DUNLOP(ダンロップ) SRIXON Z565 アイアン 6本セット N.S.PRO 980GH DST スチールシャフト 番手:5-9、PW フレックス:S

SRIXON Z565 アイアン 中古

今、非常に人気のあるSRIXON Z565アイアン。

プロも使用するモデルの中で
最も飛ぶモデルと言えるでしょう。
高弾道でスピンの効いた球を打つことが出来ますので、
中上級者に人気のアイアンとなっています。

中古市場にも多く集まっており
状態の良いアイアンも手に入ります。
⇒SRIXON Z565 アイアン 中古在庫はこちら


プロモデルと飛び系アイアンどちらがいい?

プロモデルのアイアンと飛び系アイアン。
比べるようなものでもないかもしれませんが、
どちらもいい点、良くない点があるかと思います。

ちなみに私は、タイトリスト716CBアイアンを使用しています。
ハッキリ言って飛びません。
良くない点としては、飛ばないのでツイツイ飛ばそうとしてしまうところ。
それなら、少し飛ぶ要素が入っているアイアンの方がいいのかなと思います。

飛び系アイアンは、あまりに飛びすぎてしまうと
短い距離で使う最適な番手がなくなってきます。

もちろん、スピン量が少ないという点もあるでしょう。
しかし、スピン量と言う点では、
片手シングルさんくらいのレベルでないと
そこまで考えなくてもいいかもしれません。

ご自身がどれくらい飛距離が出るタイプなのかを見極めて
7番アイアンで150ヤードくらい飛距離が出るくらいが
我々アマチュアのセッティングではちょうどいいのではないでしょうか。

そういう意味では、7番アイアンでロフト角が30度くらいが
ちょうどいいのかなとも思います。

【8/14朝9時59分までポイント10倍】スリクソン Z565 カラーカスタム特注品 アイアン6本セット(#5-9,PW) N.S.PRO 980GH DST スチールシャフト SRIXON ダンロップ 2016年日本正規品

ミドルアイアンの代わりにユーティリティ

今、5番アイアンの代わりにユーティリティを入れようかと検討しています。

現在3番と4番のウッド型ユーティリティを入れており、その下が5番アイアンとなっています。
3UTや4UTは比較的調子よく打てていて、最低限グリーン周りまで持って行くことが出来ています。それに比べると5番アイアンの精度が悪いよう感じています。

それなら5番アイアンもUTにすればいいかなと思うのですが、3番と4番UTと同じモデルの5番UTを入れようか、それともアイアン型UTを入れてみようかとも思っています。

5番UTは、できるだけアイアン感覚で打ちたいと思うので、やっぱりアイアン型UTかなと気持ちは動いています。

そこで今候補に上げているのが、ホンマのTW-UとSRIXONのZ-U65です。

【新品】【送料無料】【メーカー正規カスタム品】ホンマゴルフ TOURWORLD TW-U FORGED ユーティリティN.S.PRO MODUS3 TOUR130 シャフト装着仕様[本間/HONMA/ツアーワールドTWUフォージド][NSプロモーダス3ツアー130]


SRIXON Z U65 の詳細はこちら

飛ぶ軟鉄鍛造ポケットキャビティ

近年の技術の向上により
複雑な形状のアイアン制作が可能となってきました。

今回注目するのは、
軟鉄鍛造ポケットキャビティアイアン。
軟鉄鍛造なのに、ポケットキャビティ。
出てきた当初は、本当に驚きました。

今人気のモデルは、SRIXON Z565アイアン。
高弾道で飛んで、しっかりとスピンも効く。
打感や打音も良い。
まさに、最高の軟鉄鍛造アイアンです。

【5/29朝9時59分までポイント10倍】スリクソン Z565 カスタム アイアン6本セット(#5-9,PW) NS PRO 890GH DST for XXIO スチールシャフト ダンロップ 2016年モデル日本正規品【メーカーお取り寄せ】【代引き不可】

そして、6月には、BRIDGESTONEからもツアーモデルの軟鉄鍛造ポケットキャビティアイアンが登場します。

ブリヂストン ツアーB X-CBP の詳細はこちら

プロが使うアイアンは飛ぶ?

プロはとても飛びますよね。

200ヤードを5番アイアンで打ったり・・・。

プロが使うアイアンって飛ぶの??

なんて聞かれたことがありますが、
基本的には飛ばないアイアンを使っています。

例えば、松山英樹選手はとても飛びますよね。
でも松山選手が使用しているSRIXON Z965アイアンは
7番アイアンでロフトが34度あります。

最近のストロングアイアンなら
8番アイアンのロフトです。

力が弱い私たちアマチュアなら
全然飛びません。

しかし、芯でとらえることが出来る方なら
高弾道でスピンの効いた良い球を打つことが出来ます。


【2016年モデル】DUNLOP【ダンロップ】SRIXON【スリクソン】メンズゴルフ Z965 アイアン 6本セット(#5-9,PW)ダイナミックゴールド DST スチールシャフト

松山英樹 使用アイアン 2017

松山英樹選手が2017年フェニックスオープンで
見事に優勝して2016年と連覇を達成しました!

この大会でもやはり素晴らしかったのがアイアンショット!
世界でもすでにアイアンの名手としての地位を確立しています。

あのスピンの効いた高弾道のめくれる球で
最後までスピンが解けないから
最後は真上からズドンとグリーンをとらえることが出来るのです。

あのショットを打つためには、
速いヘッドスピードと技術、
そして道具が必要になってきます。

松山選手が使用しているアイアンは、
SRIXON Z965アイアン。
マッスルバックでロフトがかなり寝ています。
だからこそ、スピンの効いた高い球を打つことが出来ます。

【ポイント2倍】【2016年モデル】DUNLOP【ダンロップ】SRIXON【スリクソン】メンズゴルフ Z965 アイアン 6本セット(#5-9,PW)ダイナミックゴールド DST スチールシャフト

ボールは、Z-STAR XV の2017年モデル。
松山英樹選手が開発に大きく携わって
完成したボールです。


SRIXON Z-STAR XV 2017年モデルの詳細はこちら

高弾道でスピン量が多い飛ぶアイアン

高弾道でスピンがかかりやすくそして飛ぶアイアン。

こういったアイアンは、
アベレージゴルファーだけでなく中・上級者でも欲しいですよね。

スピンがしっかりかかり、弾道が高いアイアンというと
やはりマッスルバックのような難しいモデルが多いです。

しかし、ある程度ミスにも強く、
スピン量が多く高弾道で飛ぶアイアンがあります。
それはこちら↓↓

【2016年モデル】DUNLOP【ダンロップ】SRIXON【スリクソン】メンズゴルフ Z565 アイアン 6本セット(#5-9,PW) N.S.PRO 980GH DST スチールシャフト

ロフト角が7番アイアンで31度なので
ストロングロフトの部類に入りますが、
35度あるマッスルバックアイアンに引けをとらないスピン量と弾道の高さです。

スリクソンZ765アイアン 試打評価

スリクソンZ765アイアンを試打してきました。

構えた感じは、ショートアイアンでは
ボールを包み込むようなフォルムで
とても構えやすいというか安心感があります。

そして、やはりソールの形状が良いですね。
前作から継続されている「ツアー V.T. ソール」は、
今作も継続されています。
マットからではなく、コースの芝から打つと
抜けが非常に良く縦の距離感が合いやすいです。

弾道としては、球が上がりやすくなっているように思います。
これは、ヘッドが上下に0.5ミリ、左右に1ミリ大きくしたことで
実現できたことだそうです。

松山選手を始め、プロからの要望で
長いアイアンで球を高く上げたいとのことから
今回取り入れたそうです。


DUNLOP(ダンロップ) SRIXON Z765 アイアン 6本セット ダイナミックゴールド DST シャフト S200 番手:#5-9、PW

ヘッドの抜けが良いアイアン

プロがアイアンを選ぶ基準の一つに
「ヘッドの抜けの良さ」というものがあります。

フェアウェイやラフなど
リアルな芝の上から打つときには、
ヘッドの抜けというのは非常に重要になります。

ところが私たちアマチュアは
打ちっ放しで練習する際には、
マットの上から打ちます。

アイアンを選ぶ際にも
マットの上で試打をして選ぶことになります。

ですので、ヘッドの抜けというのは
あまり気にせずにアイアンを選びがちです。

その点、新しいSRIXONのZシリーズは、
ヘッドの抜けの良さが秀逸です。
前作も抜けの良さは非常に良かったのですが、
更に良くなっています。


9月10日頃新発売予定 DUNLOP ダンロップ SRIXON Z765スリクソン Z765 アイアンダイナミックゴールド スチールシャフト6本組(特注・予約販売)

スリクソンZ565アイアン試打評価

スリクソンZ565アイアンを試打させていただきました。
2016年9月10日発売の最新モデルです。

軟鉄鍛造ポケットキャビティアイアン。
7番アイアンでロフトが31度なので、
今どきのアイアンとしてはスタンダードな部類に入るかな。

打ってみると、打感が気持ちよくて
スパーンと飛んでいく感じ。

球は軽く上がってくれます。

そして、慣性モーメントが高いですね。

真っ直ぐ高弾道で飛んでくれるので
すごく楽です。

ボールを自在に曲げるアイアンではありませんが、
確実にスコアアップできるアイアンです。


スリクソンZ565アイアン

スリクソン 新商品 発売日

SRIXON Z565、Z765、Z965シリーズの発売日が、
正式に発表されました。

発売日は、2016年9月10日です。

すでに、SRIXON契約プロが
試合でも使用しており
かなりの注目を集めていますね。

スリクソンZ765ドライバーの詳細はこちら


【メーカーカスタム】 スリクソン NEW Zシリーズ Z 565 ドライバー [ツアーAD シリーズ] GP/MJ カーボンシャフト SRIXON ZDUNLOP Tour AD グラファイトデザイン

塚田陽亮 SRIXON Z765アイアン ツアー初優勝

塚田陽亮プロが日本ツアー選手権で初優勝を飾りました。

その際に使用していたアイアンが、
松山英樹選手もテスト中のSRIXON Z765アイアン。
ドライバーは、Z565ドライバーでした。

今年9月以降発売が予想されているSRIXONのNEWモデル。

すでに、ダンロップ所属の選手たちが
続々とテストを開始しています。


スリクソンZ765アイアンの詳細はこちら