タイトリスト日本未発売のぶっ飛び系T400アイアン

タイトリストからT400アイアンが発売されるという情報が入ってきました。

ただ、これはアメリカの話で、日本では未発売とのこと。

どのようなアイアンなのかというと、ロフト角が7番で26度という超ストロングのぶっ飛び系アイアン。

タイトリストのTシリーズは、ご存知の通りT100、T200、T300と発売されていますが、T200やT300も非常にやさしく飛距離を出すことが出来るモデルとなっています。

そのことからも、このT400アイアンも非常にやさしく飛ばすことが出来るモデルなんだろうと想像できます。

TSシリーズドライバーにTS1が出て非常にやさしいと評価が高くなっていて、T200、T300とこれまた高い評価を受けているタイトリスト。

トッププロが使うモデルから、やさしいモデルまで全てが揃うメーカーとなってきています。

タイトリストT200アイアン 試打評価 口コミは?

タイトリストのT200アイアンを試打しましたので、その評価をご紹介します。

これまでのAPアイアンシリーズからTシリーズとなりましたが、「T100」「T200」「T300」と3タイプのモデルが登場しています。

今回ご紹介するのは、真ん中に位置するT200アイアン。T100アイアンは前のAP2の流れを汲んでいるようですが、T200はAP3の流れを汲んでいるようです。

T200アイアン 試打評価

実際にT200アイアンを打ってみて、いやはや凄いですね、このアイアンは・・・。

構えた感じ

まず構えた感じですが、それほどグースになっておらず、ターゲットに対して構えやすくなっています。結構小さな顔をしていて、見た目からはやさしくて飛ぶアイアンというイメージは出てこないです。

T100と比べるとトップブレードが少し厚くなっていてソールも少し厚みがあります。好みは別れるかもしれませんが、これくらいの飛距離性能の高いアイアンの中では、癖のない良い顔をしていると思います。ツアーモデルに近い顔をしています。

ロフト角は?

ロフト角は7番で30度となっており、今どきアイアンのスタンダードと言えるロフト角でしょうか。ノーマルロフトと比べると1番手~1.5番手くらい立っています。

飛距離や球の高さは?

実際に打ってみると、ボール初速が非常に速いですし、打ち出し角も高くて、よく飛びます。打った瞬間に、自分で打った球なのに「お~!」と声が出てしまいました。見た目のシャープな顔とのギャップが大きいですね。

球のつかまりは?

つかまりも良いですね。自然に球がつかまってくれます。構えたイメージよりもやさしくつかまりますね。

スピン量は?

スピン量は、やはり多くはないですね。これくらいの番手×800回転くらいでしょうか。しかし、球の高さが出てくれますので、実戦では十分に使えますし、グリーンで止まってくれるでしょう。

打感は?

T100と比較すると、明らかに弾き系のアイアンであることが分かります。弾き系なのですが、打感が決して悪くないです。もちろんMBやCBなどと比較すると、衝撃が吸収されている感じがあるのはわかるのですが、悪くない打感です。
マックス インパクト テクノロジーが効いているのでしょう↓↓

マックス インパクト テクノロジーは、フェースの広い範囲でボールスピードの最大化を可能にします。これに高い飛距離性能をくり返し再現することができ、アイアンショットの精度が格段に向上します。

T200アイアン 口コミは?

実際に使用している方々の口コミ・レビューを集めてみました。
40代男性
見た目がシャープで格好いい。タイトリストのアイアンだけど普通に打てました。
40代男性
7番で175ヤード飛びました。
60代男性
716AP2から買い換えましたが、飛距離が伸びて打感も良いです。ロフト角は立っているのですが、非常に良く上がります。
50代男性
2番手飛びます。
30代男性
打った瞬間の感覚と初速にはビックリしました。「マッスルインパクトテクノロジー」は、素晴らしいの一言です。あと、ミスショットに強くコントロールもしやすい設計は、我々アマチュアにとって有りがたいです。

その他、T200アイアン 使用者の口コミ・レビューはこちら

T200アイアン 最安値

T200アイアンの最安値を調べてみましたが、インターネット通販が非常に安くなっていますが、インターネット店でも値段の差が大きいですね。
インターネット店は、お値段が安いショップから品切れになっていきます。
2020年1月2日現在の最安値店は、こちらのショップでした↓↓

タイトリストT200アイアン の詳細はこちら

P790アイアン(2019)試打評価・口コミ

テーラーメイドの中空アイアンP790の新モデルを試打してきました。

試打したのは、7番アイアン(30.5度)のダイナミックゴールド(S200)です。

P790 評価

飛距離性能が高い中空アイアンということで人気が高いP790アイアンが進化して登場しました。
前のモデルと比較すると、よりシャープになった印象です。ソールの厚みが薄くなっており、よりプロや上級者が好みそうな顔つきですね。

打感

打感は非常に良いですね。このクラスのライバルアイアンと比較すると、圧倒的に素晴らしい打感だと思います。中空構造だと知らずに打っても非常に良い素材の軟鉄鍛造アイアンなのかなと思ってしまうくらいです。その打感を実現しているのが、中空部分に充填されているSPEEDFOAM充填剤が効いているようですね。前のP790アイアンとは全く違う打感です。

弾道の高さは?

弾道は、非常に高いですね。中空のイメージする球の高さではありません。我々一般アマチュアがプレーするグリーンのコンディションであれば、全く問題ないレベルの高さが出ています。ランドアングルの数値では、50まではいかないくらいでしたが、安定して47くらい出ていました。

飛距離性能は?

P790アイアンの飛距離性能ですが、ドライバーのヘッドスピードが45m/sくらいの私ですが、キャリーで170ヤードくらい出てくれていました。もう全く問題ないというか、球の高さやストレート性能などを考えて、非常に良いアイアンだなと思います。

P790 使用者の口コミ・レビュー

ゴルフダイジェストオンラインに実際に使用しているアマチュアプレーヤーの口コミ。レビューが届いています。これから購入を検討されている方は、是非参考にしてみてください。

P790アイアン 口コミ・レビューはこちら

P790 価格

お値段は、中空アイアンなので安くはないですね・・・。

P790 中古

最新のP790アイアンもすでに中古市場に出てきています。新品で購入すると結構お高いP790アイアンですが、やはり中古ですとお買い得になっているものもあります。
中古ショップ最大手のゴルフパートナーでは、全国にある在庫をインターネットで見ることが出来ますし、自宅に居ながら購入することもできます。

ヤマハRMX120アイアンが飛ぶ!やさしくなった!

ヤマハのツアーモデルRMX120アイアンが、大きくイメージチェンジして登場しました。

RMX120アイアンの特徴

前作のRMX118アイアンまで、このシリーズは軟鉄鍛造のハーフキャビティで打感や操作性に優れたモデルでした。

それが今回のRMX120アイアンは、「飛距離」「高弾道」「寛容性」を実現するために、クロムモリブデン鋼一体鋳造を採用。そして、なんとポケットキャビティ構造を採用したのです。

ややストロングロフト

ロフト角は7番アイアンで31度となっており、ツアーモデルとしてはストロングロフトになっています。

ポケットキャビティで高初速+高い打ち出し

実際に打ってみると、打ち出し角が高く高弾道。ポケットキャビティにしたことでフェースを薄くして反発力もアップしています。ですので、初速も非常に速く感じます。

ビッグ慣性モーメントで直進性が高くミスヒットに強い

また、慣性モーメントが非常に大きくなっており、直進性が高くミスヒットへの許容度も高くなっています。
同じくヤマハのぶっ飛び系アイアンUD+2アイアンよりも慣性モーメントが高くなっているとのことです。

RMX120アイアン 口コミ・評価

実際にRMX120アイアンを使用している方々の口コミ・レビューがゴルフダイジェストオンラインに多数寄せられています。これから購入を検討されている方は、是非参考にしていただければと思います。

RMX120アイアン 使用者の口コミ・レビューはこちら

RMX120アイアン 価格


RMX120アイアン 中古

新しいモデルなので、まだ街中の中古ショップで目にする機会は少ないかなと思います。しかし、中古ショップ最大手のゴルフパートナーでは全国にある在庫をインターネットで見ることが出来、自宅にて購入することも可能です。

JGR HF3 アイアン 2019年最新モデルの評価は?

ブリヂストンのJGRの2019年モデルが発売されましたが、アイアンはHF-3アイアンが登場しました。
飛距離が出て、やさしくつかまって、球が上がりやすいという我々アマチュアにとっては、とっても嬉しいアイアンが登場しました。
そのJGR HF-3アイアンの特徴や口コミなどをご紹介していきますので、参考にしていただければ幸いです。

JGR HF-3 アイアン 特徴は?

JGR HF-3 アイアンの特徴と言えば、私は3つを挙げたいと思います。
・飛距離性能と弾道の高さ
・打感の良さ
・直進性の高さ
・ミスヒットへの許容度

飛距離性能と弾道の高さ

7番アイアンでロフト角が28度いうのは、今では超ストロングとは言えなくなりましたが、ノーマルロフトのモデルと比較すると2番手分のストロングにはなります。
注目は、シャフトの長さが標準だということ。ロフトはストロングですが、シャフトの長さは普通です。

シャフトが一般的な長さになっていますので、違和感なく振ることが出来ます。
その標準的な長さのアイアンとストロングロフトなのですが、弾道が非常に高いです。
飛距離が出るのにノーマルロフトと同じくらいの高さが出てくれてグリーンでしっかりと止まってくれます。ランディングの角度がとても大きいので、スピンで球を止めるのではなく高さで止めることが出来るクラブですね。これは本当に武器になります。

打感の良さ

JGR HF-3 アイアンを打った瞬間に感じるのが、ストロングロフトのアイアンとは思えない打感の良さです。これは本当に秀逸ですね。
客観的に打音を聞くと弾き系の感じがしますし、球の飛び出し方や初速感も弾き系であることは明らか。ですが、打感はそういう感じではなくとってもいい打感です。
ストロングロフトアイアンの弱点は、やはり打感の硬さや違和感です。このHF-3アイアンには、全く不快な打感はありません。

この打感の良さは、ヘッドの内部に充填されているサスペンションコアと言われる振動吸収ポリマーによるものです。
下の写真はブリヂストンのホームページから拝借したのですが、黄色い部分がサスペンションコアです。

これははめ込んでいるのではなく、バックフェース側から注入してヘッド内部の空洞を埋め尽くしています。芯でとらえたときはもちろんですが、芯を外した時も嫌な打感が手に残りません。

直進性能の高さ

打ってみると直進性能高さに驚かされました。
JGRなので、つかまりは良いんだろうなという先入観を持って打ったのですが、決して左に飛ぶわけではありません。かといってつかまらないわけでもなく、つかまってまっすぐ飛ぶというのが正確なところなのかなと思います。
これはコースでもとっても楽なんじゃないかなと思います。
実際に、使っているゴルフ仲間の声を聞いても、とにかくゴルフが楽になったという声が圧倒的多数です。

ミスヒットへの許容度

まず感じたのが、トップ気味に当たった時への許容度は、秀逸です。
一般的なアイアンのフェースのソール部分というのはとても硬いのですが、HF-3に関しては、パワースリットの効果でフェースの下の方に当たってもフェースのたわみが得られるんだそう。

これによってトップ気味のミスでも球がある程度飛んでくれます。
コースで、やや辺りが薄いな~という場合でも、何とかグリーンに届いてくれるので助かります。

JGR HF-3 アイアン 口コミ・レビュー

実際に使用している方々の口コミを集めてみました。
・50代男性
高弾道で打感もいい。大満足です。
・40代男性
コースで2ラウンドしましたが、高さでボールを止められるのでグリーンをデッドに狙うことが出来ます。ミスヒットにも強いので、本当にラウンドが楽しかったです。
・60代男性
顔が良く、構えやすい。加齢で飛距離が落ちてきている私には良いアイアンです。
・60代男性
競技に出場しているので、周りの人にばかにされるかなと思いましたが思い切って購入。私の球を見て、ほとんどの方がストロングロフトアイアンに興味をもたれて、色々質問されます。
・50代男性
こんなにもアイアンっ簡単だったの??
その他、ゴルフダイジェストオンラインにも多くの口コミが寄せられていますので、参考にしてみてください。
JGR HF-3 アイアンの口コミレビュー(ゴルフダイジェストオンライン)

JGR HF-3 アイアンの詳細はこちら

ブリヂストン X-CBPアイアン 2019年モデル

ブリヂストンのツアーB X-CBPアイアンの2019年モデルが発売開始となりました。

ツアーB X-CBPアイアンの詳細はこちら

ブリヂストンのポケットキャビティツアーモデルアイアンです。
ロフト角は7番アイアンで31度。ポケットキャビティ構造になっており、反発力が高く高弾道で飛ぶアイアンです。

トゥヒールを重くすることで慣性モーメントも高くストレートに打ちやすいクラブでもあります。

SRIXONのZ585アイアンとこのX-CBPアイアン、どちらにしようか悩む方も多くなりそうですね。

M4アイアンの口コミ 評価をご紹介

テーラーメイドM4アイアンの口コミ・評価をご紹介します。

このアイアンの良さは、とにかく当たり負けしないところ。
フェースのかなり広い部分でスィートエリアで打ったのと同じくらいの飛距離を実現します。

また直進性も非常に高いので、少々のミスであれば、同伴競技者から気が付かれないくらいです。

そんなM4アイアンの口コミ・評価がゴルフダイジェストオンラインにたくさん寄せられています。
⇒ M4 使用者の口コミ評価はこちら

楽にゴルフをしたい方、まだまだミスが多いけどスコアを伸ばしていきたい方、パワーがなくなっている方、などなどにおすすめのアイアンです。

SRIXON Z585アイアン 発売日

名器SRIXON Z565 アイアンの後継モデルであるZ585アイアンが発表されました。

飛ぶし、球が上がるし、スピンは適度にかかるし、打感もいい。

男子プロや女子プロ、トップアマからアベレージゴルファーまで、すべてのゴルファーから高評価を受けたZ565アイアン。

更に進化して発売開始となります。発売日は、9月22日です。


●ダンロップ スリクソンZ585 アイアンN.S.PRO 950GH DST スチールシャフト 6本セット(#5〜9,PW)

PING i210 アイアン 発売日

PINGから新しいiシリーズが発表されました。

宮里優作選手や鈴木愛選手という2017年男女日本ツアー賞金王の二人が使用していたi200アイアンの後継モデル。それがi210アイアンとして更に進化して登場しました。

発売日ですが、日本では9月6日発売です。

一日も早く手に入れたいという方は、アメリカから取り寄せることもできます。
いつもこちらのサイトでご紹介させていただいているカリフォルニアのフェアウェイゴルフUSAさんでは、日本よりも早く発売されるクラブを最速で日本に届けてくれます。
すでにi210アイアンの販売ページがアップされており、問い合わせることができます。完全日本語対応ですので、一度お問い合わせされることをお勧めします。
PING i210アイアン (フェアウェイゴルフUSA販売ページ)はこちら


ヨネックス EZONE CB 501 フォージドアイアン 発売日

ヨネックスからNEWモデルのアイアンが発売されます。
今回発売されるのは「EZONE CB501フォージドアイアン」です。

ヨネックスEZONE CB501フォージドアイアン

このアイアンは、池田勇太選手が使用するモデル。海外の試合に積極的に参戦している池田選手が、距離の長いコースに対応するために、より高弾道で飛距離が出るモデルを求めていました。それに対応するために、池田選手の意見を全面的に採用してモデルとなっています。

フェースの裏にはめられたグラファイト制振材と真空熱処理という特殊な処理を施された軟鉄が柔らかい打感を実現しています。

重心が低く深くなっていることで、ロフト角が7番で32度と比較的ストロングになっていますが、球が高く上がりやすくなっています。

ヨネックスGTアイアンの評価や飛距離性能 打感は?

ヨネックスからNEWモデルのGTシリーズが発売されます。ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンとラインナップされています。
アイアンは、飛距離性能と打感の良さを両立させたモデルとなっており注目を集めています。

【レフティー】 ヨネックス ゴルフ イーゾーン GT アイアンセット 5本組 (6-P) NSプロ 950GH HT スチールシャフト YONEX EZONE GT【ヨネックス】【アイアンセット】
<飛距離性能と打感の良さを両立>
ロフト角は7番アイアンで28度と超ストロングの部類に入るでしょう。フェースの強度も強くして反発力を最大限まで高めて、高初速と高い打ち出し角を実現しました。
しかし、これらを実現するためには、打感を犠牲にしなければならないのが、これまでの常識。しかし、このヨネックスGTアイアンは、池田勇太選手をはじめ多くのプロから絶賛されるプロモデルにも採用されている「G-BRID構造」を採用。フェースの裏側のキャビティ部分を深くえぐり取り、グラファイト制振材を搭載しています。これが軟鉄鍛造のような打感を実現しました。また、打感を良くしているだけでなく、重心を低く・深くすることにも成功しました。

<中上級者も構えやすい顔>
超ストロングロフトアイアンの中では、非常にすっきりした顔。ストレートに近いネックで、トップブレードも厚過ぎることなく構えやすいです。

実際に打ってみると、ヘッドスピードが40m/s未満の方で、芯を外すヒットが多くなってしまう方には、やや厳しいアイアンのようにも感じます。
そこそこアイアンを自在に操る技術を持っているけれどもぶっ飛び系アイアンを使いたいという方におすすめのアイアンです。

<GTアイアン使用者の口コミ・評価>
実際に使用している方々の口コミ・レビューがゴルフダイジェストオンラインに寄せられています。
⇒ GTアイアン 使用者の口コミ・評価はこちら

ミズノGXアイアン 発売日や評価はどう?

ミズノからストロングロフトの飛び系アイアンが登場します。
名前は「GXアイアン」。発売日は、3月16日となっています。

ロフト角が7番で29度。シャフトの長さは、同じく7番で36.75インチとなっており、一般的よりもやや短いくらいになっています。

構えた感じは、さすがミズノ。他のストロングロフトアイアンとは一線を画しています。トップブレードはやや厚みがありますが、それ以外は至ってきれいな普通のアイアンというフォルム。グースは適度に効いている程度でこれまでMPを使ってきた中上級者の方でも普通に構えられるのではないでしょうか。

とはいえ、もちろんやさしさも忘れているわけではありません。スイートエリアは非常に広くなっており、6番7番はタングステンウエイトをトゥ寄りに配置してより慣性モーメントを高めてくれています。

GXフォージドアイアンの詳細はこちら

実際に打ってみると、ノーマルロフトのアイアンと比較して、やはり2番手は違ってきます。非常に高い弾道で飛んでくれるのでストロングロフトとは思えない弾道の高さです。やはりスピン量は少なめになりますので、正直飛び過ぎであることは確かですが、飛距離を求めている方には最高のアイアンではないでしょうか。
打感もさすがミズノ。軟鉄にボロンを含ませた軟鉄ボロン鋼を採用。鍛造時にフェースのみを急冷することにより、フェース強度を30%アップ。高強度薄肉フェースによる高反発化、軟鉄鍛造アイアンならではのマイルドな打感を両立させています。

アイアンはストロングロフトかノーマルロフトか

私自身、アイアンはタイトリスト716CBを使用しています。ロフト角は、7番で34度。超ストロングロフトが26度くらいなので、8度も違います。8度というと2番手20ヤードくらいは違ってくるでしょう。

練習場で他の人が打っているスイングを見て、「〇〇〇ヤードくらいに落ちるのかな~」と思ってみていると、遥か先まで飛んでいたりします。その人のアイアンをこっそり見ると、やはり飛び系のアイアンなんですよね。

ノーマルロフトのアイアンとストロングロフトのアイアンでは、球の質が全然違いますね。ノーマルロフトのアイアンは、球にスピンがキッチリ入っていて浮き上がって最高点まで飛んで、最後は下に落ちてくる球筋。ストロングロフトは、高い打ち出し角から、スピン量が少なめで、ずっと前に前に進んでいく感じ。

どちらが良いという問題ではなく、どちらを選ぶかということ。飛距離が出ないプレーヤーの場合には、グングン伸びてグリーンに届いてくれるアイアンが良いでしょうし、力がある方の場合は、飛んでくれる必要はないので、狙ったところに落とすことが出来るアイアンが必要ですよね。

その辺り、ご自身のプレースタイルと合わせて、考えてみていただければと思います。


スポンサードリンク


ローグスター USモデル

キャロウェイからローグシリーズが登場しますが、
日本で発売されるぶっ飛びアイアンはROGUE STARと言う名前ですが、
アメリカで発売されるのはROGUE X アイアンと言います。

ロフト角は7番で27度となっており、性能面で違いはありません。
発売日が、アメリカでは2月9日で、日本では4月になりますので、すでにUSモデルを注文している方も多いようです。


キャロウェイ ROGUE X アイアンの詳細はこちら

キャロウェイ ROGUE STAR アイアン レディース

キャロウェイからROGUEシリーズが登場しますが、
レディースモデルもラインナップされています。

レディース用アイアンは、ROGUE STAR アイアン。
ロフト角は、ゼクシオ10レディースと同じく7番で30度です。

ROGUE アイアンは、重心が深く・低くなっていることで、球が上がりやすく、ミスヒットに強いです。また、フェースの反発力を上げて初速と打ち出し角を高くしています。
トップブレードが厚く、上がり負けしないイメージも持てて、構えたときの安心感もあるかと思います。

【レディース】【18年モデル】 キャロウェイ ローグスター アイアン5本セット(#7〜9,PW,SW) [フブキ CWオリジナル] カーボンシャフト ROGUE STAR Callaway