飛ぶアイアンランキング2019

2017年超ストロングロフトのぶっ飛びアイアンを使用するゴルファーが急増しました。火付け役となったのがヤマハのインプレスUD+2アイアンでしょう。ロフト角が7番で26度という超ストロングロフト+超低・超深重心で高弾道で本当に2番手上の飛距離を実現しました。口コミでドンドン広まっていき、人気を不動のものにしました。
2018年⇒2019年と益々進化。飛んで止まるのが飛び系アイアンの常識となりました。飛んでも止まらないならアイアンを使う意味がない、ということで、より実戦で使える飛ぶアイアンが主流となってきています。
飛び系アイアンにも色んな特色があります。あなたの目的に合わせたアイアンを見つけてください。
スポンサーリンク

とにかく飛ぶ超ストロングアイアン

第一位:ゼクシオクロスアイアン

<国民的ゴルフクラブのゼクシオのぶっ飛び系アイアン>
遂にゼクシオからぶっ飛び系アイアンが登場しました。ロフト角は、ぶっ飛び系アイアンの中でも最もロフトが立っている25度(7番アイアン)。国民的ドライバー・アイアンを生み出してきたゼクシオが日本人が最もやさしく飛ばすことが出来るアイアンを満を持して出してきました。
ゼクシオクロスの詳細記事はこちら

第二位:ヤマハ インプレスUD+2 2019年モデル

<元祖ぶっ飛び系アイアンの最新モデル>
ぶっ飛び系アイアンの人気No.1モデルの最新モデル。10月5日が発売日となっています。
これまでのモデルも十分に評価が高く圧倒的に人気のアイアンでしたが、2019年モデルは更に球が上がりやすく、ノーマルロフトのアイアンよりも高い弾道でグリーンを捉えることが出来ます。
もはやアイアンというよりも新しいジャンルのクラブと考えた方がいいのか。本当に凄いクラブです。
インプレスUD+2アイアンの詳細紹介はこちら

第三位:キャロウェイ ROGUE STAR アイアン

7番アイアンで27度というぶっ飛び系アイアンです。
EPIC STARはアベレージゴルファーには少し難しいという評価がありましたが、今回のROGUEは、かなりやさしくなっています。高く上がりやすく、ミスヒットにも強いアイアンとなっています。
ROGUE STAR アイアンの詳細記事はこちら

片山晋呉 2019使用アイアン

片山晋呉選手が2019年開幕戦の東建で新しいクラブセッティングを披露しました。

注目なのが、アイアン。なんと17年ぶりにゼクシオのアイアンが入っていました。2019年シーズン使用するアイアンは、ゼクシオフォージドアイアン。

ゼクシオフォージドアイアンの詳細はこちら

ロフト角は、7番で30度。プロが使用するアイアンとしてはストロングロフトと言えるでしょう。
17年前に使っていたゼクシオよりもやさしくて使いやすいとのこと。
最近は、自らの意見が反映されたオノフのアイアンを使っていましたが、決してアマチュア向けのやさしいモデルというわけではありませんでした。ここにきて、片山選手の全盛期だったころのクラブセッティングに近くなってきているように感じますね。

タイガーウッズのアイアン P7TW が発売!

アメリカのテーラーメイドからビッグニュースが舞い込んできました。

タイガーウッズが使うP7 TW アイアンが一般に発売開始となりました。

もちろんというか、残念ながらアメリカでの発売となります。日本でも欲しい方が非常に多いと思いますが、すでにフェアウェイゴルフUSAさんでは販売ページがオープンしていますので、そちらでどうぞ!
テーラーメイドP7 TWアイアン の詳細はこちら

テーラーメイドM5M6アイアンがハイテク!

テーラーメイドのM5アイアンとM6アイアンが登場。

これまでのMシリーズアイアンも非常に人気で世界中で売れていましたが、新しいM5M6も更に進化しています。

大きなポイントとしては、ドライバーと同様にボール初速を上げてきました。フェースの厚みを薄くすることでボール初速を上げることに成功したのですが、そのために色んなハイテク技術が使われています。
まずは、スピードブリッジと言われるバックフェース側にあるブリッジ。バックフェースを斜めに横切るようにかけられたブリッジ。これがヘッドの剛性を上げて、フェースを薄くすることが出来ています。

また、フェースを薄くすることで、打音と打感が犠牲になってしまうのですが、衝撃吸収材とブリッジを搭載することで一体型鍛造アイアンと同レベルの打感と打音を実現しています。

PHYZ アイアン 2019年モデル 発売日

ブリヂストンのやさしいぶっ飛び系アイアンPHYZが発売されます。
発売日は、3月8日です。

ブリヂストン ゴルフ 2019 ファイズ アイアン 5本セット[#7-10、PW]

今回のPHYZアイアンは、ロフト角が7番で26度となっています。ヤマハインプレスUD+2アイアンと同じ超ストロングロフトです。ゼクシオクロスが25度なので、この辺りのロフト角ではもう驚かなくなりましたね。

超薄肉フェースで高い反発性能を有しており、速いボール初速を実現。

グースネックで球も捕まえやすくなっていますので、軽いクラブでやさしくつかまって飛んでくれるアイアンをお探しの方におすすめです。

ゼクシオクロスのシャフトはカーボンかスチールか?

ゼクシオクロスアイアンを購入しようかと検討している方が非常に多くなってきてます。その中で、やはりスチールかカーボンかで悩む方が多いようですね。

このアイアンの良さをフルに活かすのなら、専用カーボンのMH1000を選択することをお勧めします。
こちらのシャフトの方が非常に球が上がりやすく、グリーンに落ちる際の角度が大きくなり止まりやすくなってくれます。また、ボール初速も上がり飛距離がアップします。

同じく標準で用意されている「N.S.PRO 870GH DST for XXIO スチールシャフト」は、MH1000に比べると球が低くなります。飛距離も少し落ちます。

折角ぶっ飛び系アイアンを使うのであれば、私ならMH1000を使いたいと思います。